受けへの『愛が重い攻め』特集!おすすめBL漫画まとめ

ハートを作る男性のイラスト おすすめBL漫画まとめ

受けへの愛が重い攻め、いいですよね。

個人的にはBL作品の攻めの愛は重くてなんぼです。

こちらの記事では、受けへの愛が重い一途で健気な攻めが登場するおすすめBL漫画をご紹介していきます。

「囀る鳥は羽ばたかない」ヨネダコウ

ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興業の社長。本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。矢代に誘われる百目鬼だが、ある理由によりその誘いに応えることができない。自己矛盾を抱えて生きる矢代と、愚直なまでに矢代に従う百目鬼。傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる──。

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/43709/

ヨネダコウさんの描かれるヤクザものBL。

若頭に心酔する付き人兼用心棒 × 美貌で頭のキレる若頭

もうこの設定だけで攻めの愛、重そうですよね。実際、攻めの百目鬼から矢代への愛と献身は一途でそれはもう深いのです。

2022年7月時点で7巻まで発売されており、劇場アニメ化やドラマCD化もされている人気BL作品です。BLとは言いつつ、恋愛要素以外の部分の心理描写やヤクザ社会もしっかり描かれていて読み応えのある作品です。むしろ、矢代と百目鬼の関係も“恋愛”と呼んでいいのか、でも読み進めるとやっぱりこれは恋愛なのか──、という。

すでにコミックスは7巻まで発売されているので、未読の方はぜひ腰を据えてじっくり作品世界に没頭して読んでほしいなと思います。(休日に面白い作品を一気読みする幸せって心が潤いますよね・・)

矢代も百目鬼も、二人とも出会うまでの境遇がそれぞれに辛くて読みながら胸がひりひりするのですが、だからこそ幸せになってほしい、この二人の物語を見届けたいと思わされます。

大人の男性のBLを読みたい、胸がひりひりするような作品を読みたいという方にもおすすめです。

「それから、君を考える」小松

高3の夏。幼馴染みの同級生。口にできない想い。娯楽も何もない退屈な田舎町。そんな町で幼い頃から共に過ごしてきたタカシとヤスは、高校生になった今でも一番の親友同士。しかし、ヤスはタカシに友達以上の感情を抱いていた。想いを口にできないまま季節は受験シーズンへ突入し、そこでタカシから東京の大学に受験することを打ち明けられる……。思春期の揺れる気持ちを繊細に描いた、小松・渾身のデビュー作!

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/168377/

小松さんのデビュー作ですが、発売直後に大量重版が決定するなど大きく話題になりました。

発売直後は店舗に買いに行ったけど完売していて買えなかった、という方も多くいたようです。

海で笑顔を見せる二人の表紙は楽しげなのにすでにどこか切なくて、真っ黒な帯に書かれた

「心の底から、大好きでした。」

の文字がまた──。

「大好きでした。」と過去形なんですよね。この帯の文句で、この二人に何が起きたんだろう、と興味を掻き立てられます。

田舎町で共に育ってきた幼馴染の男子高校生タカシとヤス。進路という人生の岐路にたっている二人の青春、思春期を切り取った物語です。

長い人生の中でのこの年代にしかない一瞬のきらめきや、恋するまぶしさもどかしさ切なさみたいなものがぎゅうっと詰め込まれた作品です。

読み終わって胸が苦しくなるのですが、それもまた味わいという──。

「それから、君を考える」というタイトルも秀逸!

コミックス内のラスト近くに一枚のイラストが描かれているのですが、それがもう本編を読んだあとに見るとたまらなく切なくて。一枚の絵を前に号泣してしまいます。

青春のきらめきを読みたい、切ないBLを読みたいという方におすすめの作品です。

短編集のため、表題作以外にも読み切りがいくつか入っているのですがそれらも面白くておすすめです。個人的にはシリアスな表題作とはまた違い、ハッピーオーラにあふれた「Young oh! oh!」好きでした!

「ララの結婚」ためこう

今日からお前はオレの嫁だよ

約束されていた富豪との婚儀の直前、双子の妹・ララは好いた男と村を離れた。ラムダンはララを無事に逃がすため、ララのふりをして花嫁に成り代わる。適当なところで富豪の家から抜け出すつもりだったラムダンだが、婚儀の初夜、媚薬で自由にならない身体を仮の夫となったウルジに激しく犯され、翻弄されてしまい――?

異国の嫁入り奇譚、1巻コミックス描き下ろしは終わらない初夜のお話。

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/167113/

「今日からお前はオレの嫁だよ」 !!???

この一方的かつ断定的な宣言。愛が重い攻めの予感がびんびんしますね。

子どもの頃に好きになった相手を大人になってから(相手の意思はさておいて)半ば無理やり自分の嫁にする、重いですね~。

こういった設定好きな方にはたまらない作品だと思います。現在4巻まで発売されているのですが、新刊が出るのを毎回うきうき待っている作品のひとつです。

最初は無理やりだったものの、だんだんと想いが通い合っていく様子や、夫であるウルジからラムダンに対する誠実さや一途さが見えてくるのがめちゃくちゃ魅力的です。

ラムダンがウルジに惹かれだしてからのすれ違いや世継ぎ産めない問題など、読み進めるごとにストーリーの山場がいくつもあって早く続きが読みたい! もっと読みたい! と思わされるおすすめBLです。

「酷くしないで」ねこ田米蔵

「秘密を守る代わりにズボンを脱げよ」出来心のカンニングを、真矢に見られた眠傘。沈黙をカサに真矢は色々求めてくるけれど……。

ガリ勉・眠傘と遊び人・真矢のえっちで、焦れったくて、純情な恋

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/39665/

2022年8月現在で11巻まで発売されている人気シリーズ「酷くしないで」。

はじめは真矢(攻め)が眠傘(受け)を脅して強要するかたちで体から始まった二人の関係が、徐々に相思相愛となり真矢が眠傘を溺愛するまでをじっくりたっぷり楽しめる作品。

はじまりは高校生だった二人も、巻数が進む中で現在は大学生となっています。

(大好きなシリーズなのでこのまま社会人ターンもぜひ描いていただきたい。読みたい…!)

脅して体の関係を強要する、という始まりが始まりだけに苦手意識を持つ方がもしかしたらいらっしゃるかもしれないのですが、話が進む中で攻めの深い後悔や反省もきっちり描かれています

真面目で実直、不器用な、勉強はできるけれど世間ずれしていないどこかふわふわした眠傘と、そんな眠傘のことがどうしようもなく可愛く思えて溺れている真矢の組み合わせがとても良いです。

イケメン、高身長、スタイルが良く、実家もお金持ち、やればなんでもできる、モテる・・と書ききれないほど高スペックな真矢が唯一の執着と重い愛を向けるのが眠傘だというのがたまらないです。

攻めから受けへの愛が重いBLが好き、シリーズものをじっくり読みたい、という方におすすめです。

受けへの愛が重い攻めが登場するBL漫画をご紹介してきました。

このほかにも、攻めがいつの間にか受けにハマってしまう過程が描かれたBLを紹介した「こんなつもりじゃ…」クズ攻めが受けにドハマりする系BL【おすすめ3選】などもありますので、興味のある方はご参照ください。

素敵なBL作品に出会えますように!

タイトルとURLをコピーしました