リバBL特集!幼なじみリバから下剋上モノまでリバ有りのおすすめBL漫画

「アンチロマンス」コミックス表紙 おすすめBL漫画まとめ

この記事では、おすすめのリバ有りBL漫画をご紹介いたします。

リバとは

BL作品において攻めと受けを固定せず、互いにその役割を果たしている事。「リバーシブル」の略。

引用:リバとは【ピクシブ百科事典】

※なお、あらすじ等でリバものであることを明記されていない作品も含みます。作品中で「リバになる」という一種のネタバレを含みますのでご了承ください。

「アンチロマンス」日高ショーコ

幼なじみで、同級生で。高校卒業後ルームシェアを始めてから気がつけば6年――。広告代理店でライターをしている柿谷と美容師の周防の関係は、「友達以上」ではあるけれど、その先に進むには、お互いためらいがあり、ぎくしゃくしていて……!?

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/209383/title/702808/

コミックス帯には『俺はいつから彼を “特別”と思ったのだろう』の文字。

保育園の頃から知っている幼なじみで、同級生で、高校卒業後からはルームシェアを始めて6年。ずっと一緒にいた“特別”ではあるけれども、核心には触れないまま友人としてやってきた二人の物語です。

友人としてルームシェアをして6年、けっこうな年月です。カップルでも6年あれば出会って付き合って別れて、なんなら結婚して離婚して──までもありそうな年月の長さ。

幼い頃の経験から“普通であること”を重んじ面倒なことからは逃げる癖のある周防と、そんな周防を分かっているからこそ想いを秘めたまま関係を詰め切れずただそばにいた柿谷。

柿谷と周防、それぞれの心情が丁寧に描写されていて読みごたえがあります。

読みながら、

「あれ、このまま進んでいったとしてこの二人、どっちがどっちなんだろ」

「周防が左かな…? (読み進めて) いやいや、意外と柿谷が左もありそうだな?」

と思っていたら、リバりました!! ある意味、解釈一致!!

確かにこの二人ならこうなるだろう、という納得感のあるリバでした。

途中は切なくもあるのですが、2巻を読み終える頃には多幸感に包まれました。

友人や幼なじみといった対等な関係性の二人がリバるBLが好きな方にもおすすめの作品です。

「アンチロマンス」は2巻で完結しています。

「ハッピークソライフ」はらだ

深夜のオフィスでの特殊ハードプレイが社長にバレてド田舎に左遷&降格というエリート街道から転落してしまった粕谷は一刻も早く業績をあげて都会へ返り咲く決意をするも、
町のみなさんが集まる飲み屋で左遷の理由でもあるお尻大好きなことを隣人のクソニート・葛谷に赤裸々に暴かれてしまった!

はらだ節が随所に息づく
令和BLのアールヌーボー爆誕
待望の最新シリーズスタート!!!

挿しつ挿されつWネコ

“クズ”と“カス”、ふたりのノンケが巻き起こす
ろくでなしクソエロコメディ☆

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/199271/

あらすじに『挿しつ挿されつWネコ』とある通り、がっつりリバです。

常にどっちがネコになるかで言い合いをしているクズ(葛谷)とカス(粕谷)のアホなやりとりは、いつ読んでも笑えます。

はらだ先生ワールド全開の作品です。試し読みを読んで面白いと思った方は、そのまま購入して読んで間違いないです。2022年11月現在、4巻まで発売されていますが最新刊まで勢いが衰えることなくノンストップで笑えます。

むしろどんどん面白くなっていくので、はらだ先生の力量に安心して身をゆだねて笑えます。

「ハッピークソライフ」は、笑えるだけでなく素直じゃないながらもだんだんと二人が距離を縮めていく様子にきゅんとできるのもまた魅力。

※注意事項としては、メインの二人がリバるだけでなく(コミカルですが)ほか人物との肉体関係や無理やり描写なども含むので、そのあたりがNGな方はお気を付けください。

疲れているときや弱っているときでも、読むと笑えて元気になれるおすすめリバBLです。

「好きなひとほど」はらだ

苦手な先輩、一皮むいたら可愛くて……

新人営業マン・飯田は厳しい先輩・米田がちょっと苦手。
ある日飲み会の席でさえもお説教される中、話の流れでなぜか付き合うことに……!
しかし、”恋人同士”になっても案の定オレ様な態度で命令してくる米田に対し、ついに飯田の堪忍袋の緒は限界を迎え――。
米田の尻を狙う取引先社長も参戦し、どうなる?!
波瀾万丈な下克上ラブ!

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/79154/

「ハッピークソライフ」と同じはらだ先生の作品、「好きなひとほど」。

正直なところ、好みが別れる作品かなと思います。

刺さる方には抜けないほど深く刺さって大好き! となりそうですし、受け付けない方は序盤のほうで「ムリかも・・」となるかもしれません。

※表現の中に暴力や無理やり、胸糞などが含まれます。普段からはらだ先生系統の作品を読んでいる方なら大丈夫ではと思うレベルですが、無理やり系が苦手という方は途中で地雷表現を含むかもしれません。ただ、そのあたりが大丈夫でしたら読み進めるほどに萌えが出てくる面白い作品です。

結果的にはリバるのですが、どちらかというと『リバもの』というよりは『下剋上もの』です。

以下は少しネタバレを含みます。

関係の始まりこそ 厳しい強面の先輩・米田 × 気弱な後輩・飯田 ですが、

途中で逆転して 飯田×米田 になってからは最後までずっと 飯田×米田 のままです。

強面の米田の仮面がはがされてからの可愛さやポンコツさ覚醒した飯田のSっぽさが色っぽくて「さすがはらだ先生~~!!」という感じです。

メインの二人以外に登場する周囲のキャラたちも相変わらず濃い。

米田は断然、髪の毛を下ろした姿が好みでした。

ちょっと病んだ話が好きな方や、下剋上モノが好きな方におすすめのBLです。

「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」水城せとな

7年ぶりの再会が、まさかの関係に?

大学の後輩・今ヶ瀬(いまがせ)との再会…。それは恭一(きょういち)の妻が彼に浮気調査を依頼したのがきっかけだった。浮気の事実を隠す代わりに、今ヶ瀬に男同士の関係を迫られ…!?
水城せとなが描く、限りなく切ないラブストーリー。

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/100387/

言わずもがなの水城せとな先生による大傑作、「窮鼠はチーズの夢を見る」と「俎上の鯉は二度跳ねる」。

1作目が「窮鼠はチーズの夢を見る」で、続く続編が「俎上の鯉は二度跳ねる」となっており2冊で完結しています。

行定勲監督によって、関ジャニ∞の大倉忠義さん(大伴恭一役)と成田凌さん(今ヶ瀬渉役)主演で実写映画化もされて話題になったので知っている方も多いのではないでしょうか。

サイト管理人も『人生ベストBL』に選出するほど大好きな作品のひとつです。

始めは 後輩・今ヶ瀬 × 先輩・恭一 ですが、途中でリバります。

このときの、あえて恭一が今ヶ瀬を抱いた理由や心情がまた良くて…!

まだ読んでいない方には全力でおすすめしたい名作です。

「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」の2作を1冊にまとめたオールインワンエディション版も発売されています。

こちらのオールインワンエディション版には、11年ぶりに発表された新作番外編「ハミングバード・ラプソディ」も収録されていますので気になる方はぜひ。学生時代の今ヶ瀬のエピソードを読むことができます。

映画原作を1冊で読めるスペシャルコミック実写映画の原作となる、「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を1冊で楽しめるスペシャルコミックが登場!
11年ぶりに発表された新作番外編「ハミングバード・ラプソディ」も初収録。
狂おしいほど切ない、一度だけの恋の物語――

https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/211531/

おすすめのリバ有りのBL漫画をご紹介してきました。

気になる作品があればぜひ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました